株式会社ASICON
ホーム
ASICONについて
ニュース
製品とサービス
サイトマップ
お問合せ

自動送液装置 ARIA 最大10種類の試薬を,灌流培養チャンバ,マイクロ流体デバイス,イメージングシステム等へ送液する装置です。専用ソフトウェアで複雑な送液プロトコルを自動化することができ,長時間の送液も安定して行うことができます。
設定した送液プロトコルの実行からキャリブレーションや洗浄まで,ソフトウェアによる自動制御で行います。培養や観察のために送液を中断する時間をプロトコル内で設定できる他,プロトコル実行中にマニュアル操作で送液の中断と再開をすることも可能です。

ARIA

自動送液装置 ARIA

ARIA セットアップ

ARIA セットアップ例

特徴 ・試薬ごとに流量や送液タイミング,ボリュームの設定ができ,長時間の灌流や複雑なプロトコルを用いる実験に最適
・マニュアル操作,ソフトウェアによる自動制御の両方に対応
・LEDを搭載しており,様々な実験環境での使用が可能

ARIA ダークモード

ダークモード時

ARIA 内部

装置内部

主なアプリケーション ・長時間細胞灌流
・免疫標識
・DNAハイブリダイゼーション
・蛍光 in situ ハイブリダイゼーション (FISH法)
・マイクロドージング
・In vitro薬剤スクリーニング

性能 ・流量精度: +/-5% (≥ 40 μL/min)
・長時間での流量精度: +/-4% (70 μL/minで水を2日間送液した場合)
・流量再現性: +/-0.5%
・送液中断コマンドへの高速レスポンス

ARIA 連続創液グラフ

40時間連続送液時の流量変化

ARIA 圧力0コマンドグラフ

送液状態から圧力0コマンドへの反応

ソフトウェア ARIAの専用ソフトウェアは,実験内容に沿った送液プロトコルを自由に設定できるだけでなく,キャリブレーションから洗浄まで自動制御で行います。培養や観察のために送液を中断する時間をプロトコル内で設定できる他,プロトコル実行中にマニュアル操作で送液の中断と再開をすることも可能です。

・作成したプロトコルの保存,ロード,及び実験データの保存が可能
・送液プロトコルのパラメータは,時間ベース,ボリュームベースのどちらでも設定可能
・プロトコルの内容に応じて,各リザーバに必要な試薬量を自動で表示
・オフラインでのシミュレーションモード搭載

ARIA ソフトウェア
    専用ソフトウェアによるプロトコル設定例

ARIA 仕様 Specification Data

流量コントロール 40 μL/min 〜 1 mL/min (水の場合)
圧力コントロール 〜2 bar
バルブ 10方バルブ × 1
2方バルブ × 2
リザーバ 15 mL × 8 ※2 mLに変更可能
100 mL × 2
チュービング FEPチューブ (OD: 1/16",ID: 250 μm)
接液面材質 ポリプロピレン,FEP,ガラス,PEEK
供給圧力 非腐食性圧縮空気 (ラボ配管,ガスシリンダー,コンプレッサー,FLPG等)
対応OS Windows 7 以降

Technical Data
サイズ (W × H × D) 382 mm × 265 mm × 240 mm
重量 9 kg
電源電圧 24 V DC
最大エネルギー消費量 160 W
最大必要電流 6.67 A
動作温度 10℃ 〜 40℃
使用可能流体 水溶液のみ
洗浄液 純水及びテルガザイム,エタノール,イソプロパノール

Publication list: Fluigentの送液システムを用いた研究成果 (抜粋)

[液滴生成]
▶High-Throughput Aqueous Two-Phase System Droplet Generation by Oil-Free Passive Microfluidics. M Mastiani et al., ACS Omega 2018, 3, 8, 9296–9302
▶A microfluidic needle for sampling and delivery of chemical signals by segmented flows. S Feng et al., Appl. Phys. Lett. 111, 183702 (2017)
▶pH-Responsive liquid crystal double emulsion droplets prepared using microfluidics. J Y Kwon et al., RSC Adv., 2016,6, 55976-55983

[液滴生成 (バイオ分野)]
▶Cell-free extract based optimization of biomolecular circuits with droplet microfluidics. Y Hori et al., Lab Chip, 2017,17, 3037-3042
▶High throughput single cell counting in droplet-based microfluidics. H Lu et al., Scientific Report 7, 2017, 1366

[がん細胞関連アプリケーション]
▶Flow-Induced Transport of Tumor Cells in a Microfluidic Capillary Network: Role of Friction and Repeated Deformation. N Kamyabi et al., Cel. Mol. Bioeng. (2017) 10: 563
▶FISH-in-CHIPS: A Microfluidic Platform for Molecular Typing of Cancer Cells. K Perez-Toralla et al., Methods in molecular biology (Clifton, N.J.): 211-220

[血液関連アプリケーション]
▶A Microfluidic Model of Hemostasis Sensitive to Platelet Function and Coagulation. R M Schoeman et al., Cel. Mol. Bioeng. (2017) 10: 3
▶Direct Tracking of Particles and Quantification of Margination in Blood Flow. E J Carboni et al., Biophys. Journal, Vol 111, 7, 1487-1495 (2016)

[ハイスループットスクリーニング]
▶Crossed flow microfluidics for high throughput screening of bioactive chemical–cell interactions. Z Tong et al., Lab Chip, 2017, 17, 501-510
リンク・資料

ARIAで使用しているコンポーネントの紹介





TM,R等の商標に関するマークは当サイトでは省略しています。


Fluigentに関するお問合せ