株式会社ASICON
ホーム
ASICONについて
ニュース
製品とサービス
サイトマップ
お問合せ

製品とサービス

マイクロ流体チップ, microfluidic ChipShop

展示会情報
[出展] 2018年5月21-22日: Cheminas 37 化学とマイクロ・ナノシステム学会 産業技術総合研究所つくばセンター
[出展] 2018年6月27-29日: BIO tech 2018 バイオ・ライフサイエンス研究展 東京ビッグサイト

新情報
Lab-on-a-Chipカタログ 第5版 (2018年2月)
展示会掲示資料 (2018年2月)

ライフサイエンス分野実績例
オンチップPCR (2017年11月)
POCT (point-of-care testing) / IVD (2017年10月)
細胞培養 / Organ-on-a-Chip / 創薬 (2017年9月)

マイクロ流体チップ ライフサイエンス分野実績例 その2

microfluidic ChipShopのマイクロ流体チップを用いたライフサイエンス分野の応用例を紹介いたします。記事は随時追加掲載していきます。

細胞培養 / Organ-on-a-Chip / 創薬

・幹細胞の培養,分化及び毒性試験 (SPIE 2017)
・細胞培養デバイスとOrgan-on-a-Chipに応用 (SPIE 2014)
・膵管腺癌細胞を培養するためのマイクロ流体3Dプラットフォーム (SciRep 2017)

POCT (point-of-care testing) / IVD (当ページ)

・病原体検出用マルチプレックス「サンプル・イン/アンサー・アウト」カートリッジ (microTAS 2011)
・モジュール型マイクロ流体カートリッジを用いた汎用診断システム (SPIE 2016)

オンチップPCR

・マイクロ流体デバイスを用いたリアルタイムPCR (SPIE 2014)
・マイクロ流体チップ上の連続流PCR (SPIE 2007)

2. POCT (point-of-care testing) / IVD


従来のマイクロ流体技術を用いたポイントオブケア診断システムは,ある一つの疾患に関する分子診断検査専用に設計されているため,開発コストが高くなり,ユーザのトレーニングも多岐にわたる必要があります。
microfluidic ChipShopらのグループは,サンプルを入れると解析結果が出力される「サンプル・イン/アンサー・アウト」型の標準のコンセプトに則ったマイクロ流体カートリッジ構造を用いて,分子診断検査(ヒト型結核菌(MTB)),イムノアッセイ(HIV p24),生化学的検査(アラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT))用のシステムを開発し,非臨床のバリデーションを行いました。

Cartridge

スペース削減のため,カートリッジと装置との間に幾何学的,光学的および電子的接続のすべてが組み込まれている。また汚染防止のため,必要な試薬全てが乾燥,凍結乾燥状態または液体の状態でカートリッジ自体に搭載されている。


Cartridge

カートリッジを変更することでMTB,HIV p24,ALTの三つの臨床診断検査を一つの装置上で行うことができる。装置改造の必要性を排除して,ユーザ各企業が診断検査をこのプラットフォーム上に導入できるため,開発に関する時間とコストの低減につながることが期待されている。


出典

Holger Becker et al. "Modular microfluidic cartridge-based universal diagnostic system for global health applications," Proc. SPIE 9705, Microfluidics, BioMEMS, and Medical Microsystems XIV, 970514 (2016) DOI: 10.1117/12.2217892